• ホーム
  • 心不全のアムロジンと重症化を予測したフローラン治療

心不全のアムロジンと重症化を予測したフローラン治療

肺動脈性肺高血圧症は肺動脈の血圧が持続的に亢進した状態になってしまう疾患であり、動脈硬化に伴う閉塞性のものや膠原病によるものなど様々なことが原因となって生じます。
原因疾患がある場合にはその治療を行うというのが原則になりますが、原因疾患が特定できない特発性肺動脈性肺高血圧症も知られており、根本治療を考える場合には肺移植を行うしか手だてがないということもあります。
一般的な全身性の高血圧症と同様に血圧が高いこと自体では自覚症状が生じないのが一般的であり、肺動脈性肺高血圧症の治療においては予測される諸疾患の予防と肺動脈圧の低下治療が基本的な方針となります。
肺動脈性肺高血圧症では心不全を来してしまうことが多く、心不全になってようやく自覚症状を持つようになります。
そのため、心機能が低下していない初期に肺動脈性肺高血圧症が発見されることは稀であり、心不全の原因を究明している際に発見されるというのが典型的な流れとなっています。
病院を訪れる患者はまず心不全と診断されることが多く、アムロジンが処方されてその管理が行われることが典型的な流れです。
アムロジンによって心不全治療と血圧管理とが目指されることになりますが、それでも症状が悪化していくことがままあります。
アムロジンは血管を拡張させることによって血圧を下げて心臓への負担を軽減しますが、それ以上に肺動脈性肺高血圧症が進行して心臓に負担がかかってしまうとアムロジンだけでは役不足になってしまいます。
肺動脈性肺高血圧症と診断されるとその重症度が高い場合にはさらなる重症化を予測してフローラン治療が実施されます。
フローランを持続点滴することによって血管拡張と血小板凝集抑制を強力に発揮させる方法であり、高い効果があることから今後も利用される方法と予測されます。
しかし、持続点滴が必要となる点はフローラン治療で改良されなければならない点でしょう。

関連記事
メインテート服用で起こる危険な副作用 2020年01月26日

メインテートの主成分はビソプロロールフマル酸塩といって、心拍数を抑えるβ遮断薬です。心臓の拍動は交感神経の働きで増加しますが、メインテートは交感神経のβ1受容体を遮断し、神経の興奮を心臓に伝えないようにします。この作用で心拍数が減り、心臓を休ませることができます。β遮断薬は高血圧の改善に効果があるほ...

アムロジンで高血圧管理と緊急症や内視鏡検査のリスク 2019年12月27日

アムロジンは高血圧や狭心症に適応のあるカルシウム拮抗薬であり、一般名でアムロジピンと呼ばれる古くから用いられている成分を含む医薬品です。その効果が緩やかで持続性であることから高血圧患者の血圧管理や狭心症患者の発作の予防のためにアムロジンが用いられます。高血圧患者においてはアムロジン等を常用することに...

アムロジンの効果と動脈硬化症と鼻血の関係 2019年11月23日

アムロジンは日本で最も使用されていると言っても過言ではない高血圧症治療薬です。アムロジンの有効成分アムロジピンは血管平滑筋に存在するL型カルシウムチャネルを阻害することで、カルシウム流入によって起こる脱分極を防ぎ、血管平滑筋を収縮できなくします。すると血管は拡張され、血圧が下がるのです。このアムロジ...

アムロジンやフローランの後発品への移行の予測 2019年09月29日

高血圧は世界的に大きな問題となっている疾患であり、日本においても生活習慣病としての位置づけを得て世の中に知らしめられるような努力がなされています。ただ血圧が高いだけで問題はないだろうと考えてしまうのが一般の人であり、血圧が高いことによって生活の支障になるような自覚症状も生じないことからあまり高い意識...

アムロジンのようなカルシウム拮抗剤とバイアグラの併用には注意 2019年09月02日

勃起不全に悩む人に効果的な治療薬として知られるバイアグラ(クエン酸シルデナフィル)、中年期から増える高血圧と世代的に重なる場合があり、勃起不全であり高血圧でもあるという人もいます。その両方それぞれの治療薬を服用すれば問題は解決しそうではありますが、バイアグラには併用禁忌な医薬品がいろいろとあり、既往...