• ホーム
  • アムロジンの効果と動脈硬化症と鼻血の関係

アムロジンの効果と動脈硬化症と鼻血の関係

アムロジンは日本で最も使用されていると言っても過言ではない高血圧症治療薬です。
アムロジンの有効成分アムロジピンは血管平滑筋に存在するL型カルシウムチャネルを阻害することで、カルシウム流入によって起こる脱分極を防ぎ、血管平滑筋を収縮できなくします。
すると血管は拡張され、血圧が下がるのです。
このアムロジンは効果の持続力が高く、1日1回の服用で済むようになっており、治療の管理上において非常に使いやすい薬となっています。
なぜそこまで多くの患者さんに使用されているのかというとアムロジンの持つ降圧効果が著しく高いためです。
高血圧治療において最も重要なことは血圧を下げることです。
血圧を下げることによって、心臓、腎臓、脳などあらゆる組織を守ることができます。
高血圧の方で心臓、腎臓、脳などに起こる合併症の原因となるのが、高血圧によって起こる動脈硬化症です。
動脈硬化症は血圧が高い状態が継続することによって、血管が傷つき、固くなってしまう状態をいいます。
動脈硬化症なると、傷ついた部分にコレステロールなどがたまって血管を狭窄し、血栓塞栓症を引き起こしたり、血管がもろくなって破れ、出血を引き起こしたりします。
また鼻血も動脈硬化症によって繰り返し引き起こされることがあります。
やはり血管がもろく、柔軟性がなくなるので、少し血圧が上がるだけで鼻血が出てしまうのです。
一度動脈硬化を起こすと、元通りの状態にはなかなか戻らなくなるので、鼻血が再発することもしばしばあります。
もし鼻血が繰り返すようなことがあれば、一度血圧を測定してみるべきです。
それでもし血圧が高い状態でしたら、病院で治療するべきです。
血圧の管理をするだけで血管への負担はだいぶ少なくなります。
アムロジンはそのような場合、速やかに確実に血圧を下げてくれるので有効な薬となるでしょう。

関連記事
メインテート服用で起こる危険な副作用 2020年01月26日

メインテートの主成分はビソプロロールフマル酸塩といって、心拍数を抑えるβ遮断薬です。心臓の拍動は交感神経の働きで増加しますが、メインテートは交感神経のβ1受容体を遮断し、神経の興奮を心臓に伝えないようにします。この作用で心拍数が減り、心臓を休ませることができます。β遮断薬は高血圧の改善に効果があるほ...

アムロジンで高血圧管理と緊急症や内視鏡検査のリスク 2019年12月27日

アムロジンは高血圧や狭心症に適応のあるカルシウム拮抗薬であり、一般名でアムロジピンと呼ばれる古くから用いられている成分を含む医薬品です。その効果が緩やかで持続性であることから高血圧患者の血圧管理や狭心症患者の発作の予防のためにアムロジンが用いられます。高血圧患者においてはアムロジン等を常用することに...

心不全のアムロジンと重症化を予測したフローラン治療 2019年10月25日

肺動脈性肺高血圧症は肺動脈の血圧が持続的に亢進した状態になってしまう疾患であり、動脈硬化に伴う閉塞性のものや膠原病によるものなど様々なことが原因となって生じます。原因疾患がある場合にはその治療を行うというのが原則になりますが、原因疾患が特定できない特発性肺動脈性肺高血圧症も知られており、根本治療を考...

アムロジンやフローランの後発品への移行の予測 2019年09月29日

高血圧は世界的に大きな問題となっている疾患であり、日本においても生活習慣病としての位置づけを得て世の中に知らしめられるような努力がなされています。ただ血圧が高いだけで問題はないだろうと考えてしまうのが一般の人であり、血圧が高いことによって生活の支障になるような自覚症状も生じないことからあまり高い意識...

アムロジンのようなカルシウム拮抗剤とバイアグラの併用には注意 2019年09月02日

勃起不全に悩む人に効果的な治療薬として知られるバイアグラ(クエン酸シルデナフィル)、中年期から増える高血圧と世代的に重なる場合があり、勃起不全であり高血圧でもあるという人もいます。その両方それぞれの治療薬を服用すれば問題は解決しそうではありますが、バイアグラには併用禁忌な医薬品がいろいろとあり、既往...