• ホーム
  • アムロジンのようなカルシウム拮抗剤とバイアグラの併用には注意

アムロジンのようなカルシウム拮抗剤とバイアグラの併用には注意

勃起不全に悩む人に効果的な治療薬として知られるバイアグラ(クエン酸シルデナフィル)、中年期から増える高血圧と世代的に重なる場合があり、勃起不全であり高血圧でもあるという人もいます。
その両方それぞれの治療薬を服用すれば問題は解決しそうではありますが、バイアグラには併用禁忌な医薬品がいろいろとあり、既往症によっては使用できない場合もあるのです、高血圧の薬には様々な作用を持った医薬品がありますが、その中にはカルシウム拮抗剤と呼ばれる血圧降下剤があり、代表的なものではアムロジンがあります。
アムロジンはカルシウム拮抗剤というその名の通り血管平滑筋に入り込もうとするカルシウムイオンを妨害して血管の収縮を防ぐものです。
血管が収縮しないと血管が緩んだようになり血液はゆったりと流れて血圧は下がりますが、元々血圧降下作用があるバイアグラを服用するとアムロジンとの相乗効果で必要以上に血圧が下がってしまいます。
血圧が高すぎるのが体に良くないのは周知の通りですが、逆に低すぎるのもまた問題で目眩や手足の痺れといったものだけでなく脳や内臓へダメージを与えることもあります。
アムロジンのようなカルシウム拮抗剤を服用していてバイアグラもと考えているのであれば不測の事態を避けるためにも事前に掛かりつけの医師に相談し問題がないか判断してもらいましょう。
その上で服用し、何か体調の異変に気づいた時は安全のため服用を止めて医師に報告しなくてはなりません。
血圧降下剤と勃起不全治療剤、全く異なる医薬品のようで効き目が重なる部分もあります、どちらも正しく使えば安全で効果の高い医薬品です、併用時は思わぬ影響が出ることもあるのだと注意しつつ安全に使いましょう。

関連記事
アムロジンやフローランの後発品への移行の予測 2019年09月29日

高血圧は世界的に大きな問題となっている疾患であり、日本においても生活習慣病としての位置づけを得て世の中に知らしめられるような努力がなされています。ただ血圧が高いだけで問題はないだろうと考えてしまうのが一般の人であり、血圧が高いことによって生活の支障になるような自覚症状も生じないことからあまり高い意識...

長生きのための健康7か条 2019年08月15日

同じ年齢でも、若さがぜんぜん違う人がいます。若々しい人は努力しているのです。努力と言っても、お金をかけていつまでも健康でいる人ばかりではありません。お金をかけずに、日々の小さな努力が必要なのです。そして、長生きする人には秘訣があるようです。長生きしている人は健康7か条というものを心がけています。健康...

薬を飲まない=長生きなの? 2019年07月18日

長い間、「出された薬は全て飲もう」という薬信仰とも言うべき時代が続いてきました。現在、それが転換点を迎えています。医療機関で多めに処方された薬を、既に治癒しているにもかかわらず飲み続けたり、持病で飲んでいる薬のほかにも、何種類も飲んでいたりすることによる健康への害について、広く言及され始めています。...

薬を飲むような事態に陥らないために 2019年06月30日

病気になったり、体調が優れなかったり、どこか痛いところがあるときに、人は薬に頼りがちですが、本当に薬は必要でしょうか。飲まないことで健康になる秘訣はあるのでしょうか。日頃の生活に気をつけていれば、薬付けの日々とは無縁の、健康な身体を取り戻すことが可能です。毎日の食事をキチンとすることで、無駄な物は不...

成分が同じだけどジェネリックではない薬 2019年06月15日

ジェネリックとは、後発の医薬品のことです。逆に、ジェネリックではないものを先発品と呼びます。先発品には、製薬会社が有効成分に特許を持っています。特許を維持するためには、それなりのコストががります。また、専売権があるので利益を確保するために価格を下げません。よって、薬の価格は高くなります。しかし、特許...